SECTION 1/1

ClassicMINIを新車以上のコンディションに
蘇らせるバックヤードビルダー
SPOT
SPOt!運営本部の伊藤秀一です。 クラシックミニの専門店「C.C.O」を経営する太田さんに、 専門店のすっげ〜こだわりをインタビューしてみました。
太田 純司 太田 純司
C.C.Oの太田です。よろしくお願いします!
SPOT
古いクルマって味があっていいんですけど
なかなか本気で買うとなると躊躇します。
太田 純司 太田 純司
ノスタルジックカーの世界は一定のファンがいて、中古車価格も高騰していますね。人気車種だととても手が届かない。しかもちゃんとメンテナンスが必要です。手間とコストにも覚悟がいりますね。
SPOT
値段が高いのに手間がかかるとか‥‥。
そんなめんどくさいモノ、欲しくありません。
太田 純司 太田 純司
とはいえ、です。クラシック・ミニは40年間も生産されていたのでタマ数は豊富です。市場の価格帯も幅広いし、パーツの供給にもまったく困ることはありませんから。そしてここで販売するクルマは基本的にフルオーバーホール仕上げなので安心です。
SPOT
ふ〜ん‥‥。
フルオーバーホールってなんですか?
太田 純司 太田 純司
パーツを全部バラして劣化した部品を新品に交換したり、清掃したりして、イチから組み直すのです。ボルト1本、ゴム製ブッシュひとつまで全部、です。このクルマの泣き所がどこかもわかっていますから、強化パーツに組み替えるモノもたくさんあります。
エンジンも電子機器もボディも、すべてのパーツをバラバラにして交換や清掃をおこなう丁寧さ。 実際に部品の数を見たけど気が遠くなる数。 エンジンも電子機器もボディも、すべてのパーツをバラバラにして交換や清掃をおこなう丁寧さ。 実際に部品の数を見たけど気が遠くなる数。
SPOT
そうは言っても古い機械だし、
今のこの時代にちゃんと実用的なクオリティですか。
太田 純司 太田 純司
あのね。ウチで組んだクルマだったら、真夏の渋滞でクーラーをガンガン使っていてもオーバーヒートなんてしません。駆動、構造、電装部品、すべてに日常使いできますから。そのぐらい丁寧に仕上げていると自負しています。
SPOT
マジっすか?ちょっと興味湧いてきたかも。
乗ってみたくなりました。
太田 純司 太田 純司
ひとつ言えるのは、このクルマはマニュアルミッションを選んでいただくほうがいいかな。ウチで扱うのはほとんどマニュアル車です。『どうしてもミニに乗りたいから』ってAT限定の免許を変更していただいた女性オーナーだって少なくありません。
SPOT
あれ‥‥やっぱりマニアックな乗り物な気がしてきた。
ハードルが急に上がった気がする。
太田 純司 太田 純司
そんなことはありません。愛があれば。
SPOT
そんなにこのクルマに愛情を注げるかな。
太田 純司 太田 純司
たとえばボクなんかは、もう何年もこのクルマをバラしては組み直すって作業を繰り返しています。40年フルモデルチェンジがなかったとはいえ、各年式ごとにビミョーに仕様が変化されています。
パーツをの構造や変化を眺めているとね。その設計思想までが見えてくるんですよ。 「ああこのパーツはこういう理由でこの曲げ角度と取付位置に変更したんだな」とか。そういうのがわかると嬉しいじゃないですか。
ちなみに、このキャブレターなんかは、年式が新しくなるごとにサイズアップしている。これ、燃費を考えると おかしな進化なんだけど、燃焼時にシートから伝わる微細振動の心地よさを追求したから、らしいです。 ちなみに、このキャブレターなんかは、年式が新しくなるごとにサイズアップしている。これ、燃費を考えると おかしな進化なんだけど、燃焼時にシートから伝わる微細振動の心地よさを追求したから、らしいです。
SPOT
愛っていうか、オタクすぎ。。。。
太田 純司 太田 純司
すると、設計上の弱点とか、カスタマイズが必須のところとか、ヘタに改造しちゃうとマズいところとか、新車以上のコンディションにすることもできるわけですよ。
でも、ぜんぜん自慢することじゃありません。マニアなら知っていることもたくさんありますからね。
SPOT
マニアさえも唸らせるってのは難しそうですね。 こだわりの強いユーザーも多そうですね。
太田 純司 太田 純司
誰にも負けない専門知識もさることながら、あまりハードルを上げるものイヤなんです。「ミニたるクルマかくあるべし」と説いて一見さんお断りなイメージにはしたくありません。初めてユーザーさんも大歓迎ですよ!
SPOT
玄人にも素人にも向き合う‥‥
その両立ってなかなか難しそう。
太田 純司 太田 純司
シンプルですよ。手を抜かないことに尽きます。たとえば、たった一本の電気ケーブルでもカプラで接続するのかハンダ付けすべきかを見極めなきゃいけない。あるいは、たったボルト1本の締め方にもルールがある。小さなトラブルでも「所詮ミニはこんなもんでしょ!」といって片付けない。オーナーのつぶやいた些細な不具合にも耳を傾ける。そういう小さなことを徹底すれば誰もがナットクしてくれますから。
これ、エンジンパーツを乗せるための受け台なんですが、稼働に影響のない部品の、しかも「裏側」まで塗装を 仕上げてました。それはええんちゃうん?と思ったけど、これが手を抜かないってことですよね。 これ、エンジンパーツを乗せるための受け台なんですが、稼働に影響のない部品の、しかも「裏側」まで塗装を 仕上げてました。それはええんちゃうん?と思ったけど、これが手を抜かないってことですよね。
SPOT
その職人気質な配慮も
ファンづくりになっていそうですね。
太田 純司 太田 純司
オーナーさんたちとの定期的なイベントを開催したりもします。あと、ミニだけが参戦する草レースなんかもありますからね。オリジナルレーシングカーを製作してに参戦しています。いつも予選じゃぶっちぎりの速さなんですけどね。決勝でミスる(笑)
C.C.Oのガレージに集合したミニたち。休日になるとユーザーさん自らが整備している姿もあったりする不思議な空間です。 C.C.Oのガレージに集合したミニたち。休日になるとユーザーさん自らが整備している姿もあったりする不思議な空間です。
SPOT
これからどんな将来像がありそうですか?
太田 純司 太田 純司
ウチでフルオーバーホールした車両は、全国からのオーダーがあります。今、オーダーをいただいても完成は1年以上待っていただくことになります。中には海外からの問い合わせもあります。だけど海外流出すると帰ってこないですからねえ。英国製のMINIですが、8割が日本のマーケットで売れたといわれています。そのクルマが流出していくのはもったいない気もします。
オーナーさんたちとのツーリング風景。みんなそれぞれのこだわりがあって表情が違います。 オーナーさんたちとのツーリング風景。みんなそれぞれのこだわりがあって表情が違います。
SPOT
1年以上待ちって‥‥。すごい人気ですね。
太田 純司 太田 純司
いやでもね。量産できる仕組みがないし。だんだんベース車両の劣化してくる。だけどミニは大衆車でしょ。激レア超高級なスーパーカーを製作して売るわけでもないから、‥‥儲かんないんだよね。
SPOT
でもそれがこのショップの信者を増やしているような気がしてきましたよ。
太田 純司 太田 純司
だといいんですけどね。ここに紹介されたら儲かるの?
評価する 評価する 関連タグ RELATED TAG
こちらの記事は 2020年10月29日に公開しており、
記載されている情報が異なる場合がございます。
close
にアクションする
アクションする
ローバーミニに興味があって、作りたい人!オーダーしたい人!働きたい人!とにかく関わりを持ってみたい人。待ってます。
太田 純司 太田 純司